MRのキャリアアップ:重要なのは学歴?卒業学部?本当のところを教えます。

MRのキャリアアップ:重要なのは学歴?卒業学部?本当のところを教えます。

MRのキャリアアップ:重要なのは学歴?卒業学部?本当のところを教えます。

〜「四大卒」「理系出身優遇」は時代遅れ?〜

MRの学歴については、「四大卒でなければダメ」「薬剤師の資格があれば有利」「文系は無理」といった様々な誤解があるようです。転職の場合、学歴を重要視するかどうかは企業によって様々ですし、そもそも採用背景によっても最低必須条件が異なります。

四大卒は必須条件?

事実、新卒採用では四大卒を条件にしているところが多くあります。また、有名大学の卒業生は統計上優秀な人材と判断されがちなので、採用の選考条件としてフィルタリングするところも少なくないようです。ある医薬品企業の元人事担当者から得た裏情報によると、新卒採用時に書類選考の段階で有名大学卒かどうかで篩(ふるい)にかけている企業も多いとのことです。

転職者の場合は、学歴よりもこれまでの職歴の方が重要視されます。退職者の補充(後任採用)、ヘッドカウントの増員(担当エリアの拡充)、新しいチームの発足(営業の新体制をパイロットとして導入する場合等)、もしくは新薬上市の経験が必須等、「即戦力として現場に一番有利なスキルを当てはめたい」という人事戦略とこれまでの実績・営業経験優先という現場の考え方を強く反映するため、学歴はあくまでプラスアルファの条件なのです。

理系が有利なのか?

薬学や化学等のバックグラウンドがある方々は薬に関する基礎があるので、MRとして入社後の基礎研修、製品研修にはある程度有利です。特に営業職の後方支援を行う学術職を志望する場合は、こうした理系の学歴が重視されます。

しかしながら、教育学部や経済学部等の文系出身者でも、第一線で活躍しているMRは沢山います。MRの学習能力はむしろ入社してからが勝負です。MR職は常に新しい知識を身に付ける事が要求される職業です。資格取得のための学習だけでなく継続研修や研究会、医師の求めに応じたリサーチ、プライベートでの学習等、キャリアパスを通じて膨大な知識を身に付ける事が求められます。基本的にMRは向上心と学習意欲が高い人の努力が報われる仕事です。

職歴に必要なのは

人事担当者は、あなたがこれまで担当してきた領域、製品、病院規模、実績や成果等を詳しく評価します。そのため、職務経歴書にはこれまでの営業活動内容を可能な限り具体的かつ詳細に記載しておく必要があります。

MRそのものが医療を支える存在

優れたMRは、患者さんのために、患者さん優先で働く存在であるという使命感を強く持ち続けて活動しています。医師に良薬や良い症例を紹介して医師の治療方針に沿ってサポートし、医療の進歩を促進する、社会貢献度の高い職務です。出身大学・学部に関係なく、優れた専門的知識と高い使命感を兼ね備えているMRこそ、MRの理想像に近いと言えるのではないでしょうか。


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

Booklet_skillup_clear_background
大好評につき無料配信中!

medimove Booklet
『できるMRは実践している! 勝ち続けるためのMR仕事術 10カ条』
〜激動の時代で勝ち続けるために〜

downloadNowButton