MRに迫る危機!早期退職の嵐が来るその前に出来ること

MRに迫る危機!早期退職の嵐が来るその前に出来ること

MRに迫る危機!早期退職の嵐が来るその前に出来ること

~いざその時のために知っておくべき実態~

年末に向けて、早期退職が募られる動きが出始めています。

万が一早期退職を選ぶことになるとしても、「担当している仕事をやり切った上で退職をしたい」と思う方は多いと思います。

しかし、果たしてそれは正しい選択なのでしょうか?

一度早期退職についてきちんと考えてみる必要があるかもしれません。

 

増加する早期退職

ここ最近の動きとして、ノバルティス、サノフィ、GSK、第一三共、アステラスで早期退職プログラムが実施されました。

企業が若返り化を進める中、対象者は比較的シニアの年齢層になることが多いのが現状です。

「突然早期退職の募集が開始されるのではないか?」 と不安に思うのは当たり前です。

いざそのような場面に出くわした際に、どのように対応したら良いかを今から考えておき、少しでも不安を解消しましょう。

 

早期退職はどう捉えるべきか?

裏を返せば、早期退職者が何十人や何百人という規模で募集されるということは、それだけ転職をしなければならない人が増えるということです。

仮に早期退職制度に応募したとして、退職してから転職を開始するのでは遅すぎます。

いうまでもなく、転職活動は先手必勝です。

早期退職の募集開始と同時に平行して転職活動を行い、ライバルが少ない間に転職先を決めたMRは、理想の転職成功事例と言えます。

 

一方で、早期退職を決断したものの、在籍中は業務の引き継ぎに追われ、退職後に転職活動を始めても求人が少ないために転職先がなかなか見つからず、半年かかってもまだ決まらないというMRにも、今年は多数いました。

引き継ぎを優先して転職活動をしなかったことで次の一歩が遅れてしまうのは、非常にもったいないケースです。

引き継ぎと同時並行で転職先を先に決めることができれば、入社日はある程度調整可能なことを知っておきましょう。

 

 

いざ早期退職となった場合、何を優先すべきかを見極めるのは難しいと思いますが、迷ったときは、まずmedimoveにご相談ください。

最新の転職情報や転職活動の進め方について、業界全体の動きも含めてお話させていただきます。

MRの皆様がベストな選択を行えるよう、medimove一同、全力でサポートさせていただきます。

 


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

booklet_sallary_up_clear_background
大好評につき無料配信中!

medimove Booklet
『一流キャリアコンサルタントから見た 年収1000万円を稼ぐMR、稼がないMR』

downloadNowButton