競合他社に行くのはダメですか?

競合他社に行くのはダメですか?

競合他社に行くのはダメですか?

~その考えに立ちはだかる壁とは~

medimoveでキャリア相談させて頂いているMRの方からよく聞かれることとして、「競合他社という選択肢は良いのか悪いのか?」という質問があります。転職先に競合他社を選ぶのはタブーと思われている方が多いかもしれません。なぜなら、現職で担当している製品のライバル品を今後扱っていくことは、倫理面で抵抗がある方も少なくないためです。

しかし、これは本当なのでしょうか? どのような観点から考えるべきか、見てみましょう。

医師との関係性

まず想定されることは、これまで担当してきた領域と勤務地が同じというケースです。その場合、同じ医師を担当する可能性が高くなります。今後新しく担当する製品が今まで扱っていた製品よりも優秀で、差別化できるようであれば、医師の治療方針をさらにサポートできるかもしれません。

しかし、今後扱う製品に圧倒的な優位性がなければ、薬やMR自身への信頼が問われ、医師との関係性が難しくなる可能性は否定できません。他社へ移った後も同じ領域を担当する場合は、担当施設や勤務地を変えてもらうMRが多いのが現状です。

とはいえ、すでに医師から確固たる信頼を寄せられているMRならば、事前に事情を医師に説明しておけば、理解を得られるでしょう。他社で引き続き同じ地域を担当することは不可能ではありません。逆にそれくらいの関係性を医師と築けるスキルのある方は、どの領域・勤務地でもやっていけるのではないでしょうか。

より優秀な製品(新薬)を担当できるチャンス

今まで積んできたキャリアは転職の際に強い武器となります。企業は常に、特定領域の専門性が高いMRを求めています。例えば、新薬上市の場合が顕著なケースです。新薬上市を経験したことがないMRにとって、これまでの経験が活かされるため、これは大きなチャンスです。実際、医薬品企業の採用や人事では、新薬上市の経験は重視されます。そのため、今の会社で新薬上市を経験する機会に恵まれない場合、転職を通じてそのチャンスを得られるのであれば、素晴らしいキャリア形成につながるでしょう。

キャリア優先で考える

MRとして働き出した頃は、新たに医師と関係を築いたり、新しい領域について学んだり、プレッシャーを感じる中で一生懸命努力をしていたことでしょう。しかし、ある程度業務に慣れて、自分の裁量で仕事を回せるようになると、現状に満足してしまいがちです。

しかし、キャリアプランを考えた時、「このままで大丈夫なのか?」とふと不安になることも多いのではないでしょうか? 今後のキャリアプランについて上司から具体的な話がない、評価が曖昧、新薬のパイプラインがない等、思い当たることがあるかと思います。

医薬品業界の再編が加速している中、これからのMRの生き残りを考えた時に、当然キャリア形成は必要です。会社側でキャリアづくりをしてくれるのが理想ですが、現実はそう上手く行きません。何年も同じポジションで同じ仕事をしている場合は、考え直す機会を持ちましょう。厳しさを増す医薬品業界でも、企業に必要とされる「進化し続けるMR」になれるよう、競合他社で働くという選択肢も検討しつつ、自分主導でキャリア形成を進めていきましょう。


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

JobChange
好評により無料配布中!

medimove ホワイトペーパー
『 2016年 医薬品業界動向予測:国内編 』
〜 激動の医薬品業界で生き残るための必読書 〜


国内医薬品業界の2015年ハイライトと、
2016年の市場動向予測をホワイトペーパーにまとめました。
downloadNowButton