今後MRを続けていけるのか? と不安に思う女性MRへ

今後MRを続けていけるのか? と不安に思う女性MRへ

今後MRを続けていけるのか? と不安に思う女性MRへ

~ライフワークバランスを諦めないために今何をするべきか~

近年日本の労働人口が減少しており、女性の社会進出がますます活発化しています。働く女性にとって、結婚や出産などのライフイベントと仕事の両立は大きな課題です。企業側も、社内制度を整備するなど女性が働きやすい環境づくりを進めてはいますが、万全とは言えません。女性MRの中には、仕事と両立ができるか不安に思っている方、もしくは現時点で両立できずに困っている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな悩みを抱えている方のために、女性MRのキャリア形成についてお話しします。

MRとしてのキャリアを極める

MR職にやりがいを感じていて、その道でキャリアを積んで行きたいという方は、ライフワークバランスをとりながら、MRとしてさらにキャリアアップをしていく方法を考えてみましょう。

企業によっては、短時間勤務やフレキシブルな勤務体系が可能な企業もあります。近年のダイバーシティーの促進も影響してか、企業側はより女性が働きやすい環境を整えていく傾向にあります。例えば、日本イーライリリーは、リーフMR制度と呼ばれる制度を導入しており、育児休暇後のMRがスムーズに復帰できるよう、担当エリアを2人でカバーしています。

自分にとってどの企業が働きやすいか関心がある方は、一度情報収集をしてみるのもよいでしょう。

MRのスキルを活かした職種を見つける

MRの仕事を続けていくことに不安がある方は、これまで培ってきたスキルを活かして、別の職種で活躍する道も考えてみましょう。医療機関向けのポータルサイトを運営する企業でのライター、臨床開発でのモニターや、現場経験が求められる市販後調査業務など、専門性の高いMR経験者を募集している企業は、実は結構あります。新しい分野へ一歩を踏み出すのは勇気がいることかもしれませんが、これまでと異なる環境で新たに自分の強みを発揮し、活躍しているMRも少なくありません。

ライフワークバランスの良いCSOを利用する

MRには転勤がつきもの、と諦めてしまっていませんか? CSOを利用して、コントラクトMRとして働くことで、エリア限定で仕事ができるプロジェクトも多数あります。CSOでは複数メーカーのプロジェクトに携わることが可能なため、多くの製品や領域などの豊富な知識が身に付き、医師から一目を置かれる立場になることも多いようです。CSOは不安定、と思うMRも多いようですが、大手製薬メーカーに勤めていたとしても、プロジェクトが中断されて急遽早期退職プログラムが実施されることもあります。そういった悪循環により、むしろ製薬メーカーで働き続ける方が不安定だと考えるMRもいますので、フラットな視点で物事を見ていく必要があります。

一度仕事を離れてしまうと、復帰することは一筋縄ではいかないと思いますが、企業側も女性MRに継続して働いてもらえる環境づくりを進めています。そのような状況の中、復帰後どのようなキャリアプランを描いていくかはMR次第ですので、自主性を持って、今から具体的に動き始めましょう。


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

JobChange
【期間限定】
好評により無料配布中!


初めての転職を成功させる!
MRのための『転職のすゝめ』


実は転職を考えていない時から「あること」 を行っておくと
非常に有利に転職が進められます。

その「あること」とは??

downloadNowButton