オンコロジーMRへの狭き門を突破するために

オンコロジーMRへの狭き門を突破するために

オンコロジーMRへの狭き門を突破するために

~長期的な視野で考えましょう~

ここ数年、多くの医薬品企業がオンコロジー領域に力を入れており、募集するオンコロジーMRの数も増加しています。特に今年は、MSDのオンコロジー領域新規立ち上げプロジェクトにて募集が大規模に行われましたが、無事に終了し、今後は外資系大手企業での大量採用はしばらく落ち着くでしょう。

 

今年のオンコロジー案件でも、「オンコロジー領域の経験があれば将来は安泰」という発想から、引き続き多くのMRがオンコロジー領域への転向を希望しましたが、企業側の条件を満たすMRが少なく、採用が見送られることも多々ありました。

MRにとって、オンコロジー領域へ転向できることは非常に喜ばしいことですが、その狭き門を突破する方法はあるのでしょうか?

改めて今回のブログでお伝えしていきます。

 

自社内での異動を狙う

ここ最近、オンコロジーの新規事業部立ち上げを控えている企業が増えて来ました。

社内にいるプライマリー領域担当のMRは、異動を希望してオンコロジー領域への転向を考えることが多いのですが、実際に企業の人事担当からは、即戦力が必要なため、外部からオンコロジー経験者を多く採用したいという声を聞きます。

しかし、実際に異動希望を出した際には、競争率が激しく、異動できる可能性が非常に低いという声もよく聞きます。

 

医薬品メーカーの領域未経験者募集を狙う

医薬品メーカーがオンコロジー領域の新規事業部を立ち上げ、未経験オンコロジーの希望者を募る機会があります。

ただし、オンコロジー未経験者も募集される機会自体が少なく、オンコロジー経験者のMRが応募すれば、そちらが優遇されるため、非常に狭き門であることは否めません。

競争率が高いとは言え、オンコロジー領域を希望しているのであれば、ご自身の転職タイミングではなく、企業が必要とするタイミングで募集された際にすぐに申し込むことが賢明です。

 

CSOで未経験オンコロジーの経験を積む

もう一つの道として、CSOに入社し、未経験オンコロジーとしてスタートし、プロジェクト担当になる道があります。

一部のCSOには社内の資格制度があり、オンコロジー領域の資格を取得することができれば、次に担当するクライアントで、オンコロジープロジェクトに携わる機会が増えます。

また、CSOはサポートや研修が手厚いことから、領域未経験でスタートした場合でも、スキルアップと同時にキャリアアップもできる可能性が高いです。

 

まとめ

オンコロジー領域への転向を本気で望むのであれば、上記3つのチャンスは全て試してみるべきです。それ程、オンコロジー領域への道は競争率が激しく、チャンスが来たらすぐに動いた方が賢明ということを認識しておきましょう。

詳細を知りたい方は、キャリアコンサルタントから最新情報をお伝え致しますので、お気軽にお問合せください。

 

関連記事:

あなたのキャリアパスは見えていますか? 」 〜会社ではない、自分の成長戦略設計〜

MRの最新トレンド: CSOという働き方 」 〜キャリア形成の最短コースに着目〜

スペシャリティケアしか生き残る道はないのか? 」 ~キャリアアップしたいなら、チャンスを掴む必要があります~

 


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

JobChange
好評により無料配布中!

medimove ホワイトペーパー
『 2016年 医薬品業界動向予測:国内編 』
〜 激動の医薬品業界で生き残るための必読書 〜


国内医薬品業界の2015年ハイライトと、
2016年の市場動向予測をホワイトペーパーにまとめました。
downloadNowButton