いよいよ転職! 会社での最後の日々をどう過ごす?

いよいよ転職! 会社での最後の日々をどう過ごす?
いよいよ転職! 会社での最後の日々をどう過ごす?

~円満退社は幻想? いえ、秘訣をお教えします~

ついに転職活動が実りのある結果となり、次の企業への入社が決まりました。ここから先は、周りから何を言われても次の会社での仕事を優先させる方向に気持ちを切り替えることが大切です。

お世話になった会社に対して、申し訳ないと思う気持ちもあるかもしれませんが、退職日までの間にあなたが会社のためにできることをしっかりと行いましょう。「立つ鳥後を濁さず」という気持ちが大事です。

今回は、予め知っておくことで、自信を持って退職するために押さえておくべきポイントをお伝えします。

退職日はいつにする?

退職日は会社と交渉して決めるものと思っている人が多いようですが、民法上では2週間前までの通知で退職できる権利があります。現職の就業規則を優先する場合も多いため、1か月前までと規定に記載されている場合は、それまでに人事もしくは上司に退職意思を伝えておくのが良いでしょう。退職の意思表示は本人から会社への一方的な通達なので、希望以上の日数を会社から提示されたとしても、自分の意思を優先させましょう。また、周囲と揉めないためにも、退職の意思はきちんとメール、もしくは会社指定の用紙を使用して提出します。

後任への引き継ぎは出来る限りの範囲で

最終出勤日までに、自分の業務内容をプロセスシート等にまとめ、後任のMRに引き継いでおきましょう。担当病院を一緒に回る時間が取れる場合は、後任と一緒に引き継ぎのご挨拶に回りましょう。

後任が定まっていない場合、今後の担当者の配属は上司が決めるため、それらの資料一式を上司に引き継いでおくようにします。

有給取得は従業員の権利

有給休暇が残っている場合は、全て取得する事を前提に進めましょう。上司から「後任がいない」、「繁忙期だから」ギリギリまで引継ぎしてもらいたい、と言われて、「分かりました」と承諾した場合は、有給休暇を未消化で捨てる事になりますので、お気をつけ下さい。

退職日までの挨拶は慎重に

最終出勤日までに、社内の関係者への挨拶をしておきましょう。医薬品業界は非常に狭い世界なので、誰がどこで繋がっているか分かりません。次の会社の関係者に余計な情報が伝わらないための防衛策として、上司や同僚には、「次の行き先は落ち着いたら改めさせてください」と言う程度にしておきましょう。

また、担当病院など、お世話になった方々への挨拶も済ませておきましょう。

この業界は、一度辞めた人が「新薬に携わりたい」等で元の会社に戻ってくるケースもあり、リターニーが多い世界です。自分も将来的にそうはならないとは限りませんので、平穏に立ち去るのが得策です。


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

JobChange
【期間限定】
好評により無料配布中!


初めての転職を成功させる!
MRのための『転職のすゝめ』


実は転職を考えていない時から「あること」 を行っておくと
非常に有利に転職が進められます。

その「あること」とは??

downloadNowButton