MRの最新トレンド: CSOという働き方

MRの最新トレンド: CSOという働き方

MRの最新トレンド: CSOという働き方

〜キャリア形成の最短コースに着目〜

今の医薬品業界において、ある意味一番盛り上がっているのがCSO業界です。CSO(Contract Sales Organization:MR派遣およびMR業務受託企業)は、クライアントである医薬品企業のMR業務の一部を、コントラクトMRに担当させて報酬を得るビジネスです。

業界再編の加速で早期退職に踏み切る企業が増える中、CSOは退職補充や新薬上市時等のプロジェクトベースでの人員増強というニーズに対応しています。いわば短期集中で売り上げ確保を目指している医薬品企業はCSOをどんどん活用しているため、受注数がここ数年で大幅に増加し、CSO業界の成長を盛り上げています。

CSOと派遣契約を結び、プロジェクト毎に雇用されるのがコントラクトMRです。1つのプロジェクトは大体2〜3年の期間で委託されるケースがほとんどです。大半は経験者である事を前提として採用されますが、未経験MRを雇用する事もあります。未経験MRの場合はMR認定証を取得するまでCSO側で研修を行います。こうしたCSO業界の取り組みによって、コントラクトMRという働き方が、他業界の営業職の間でも人気を呼んでいます。

CSOのメリット(企業側と就労側)

CSOについて、企業側とコントラクトMR側それぞれのメリットを箇条書きでまとめてみました。

企業側のメリット:

  • 即戦力となる経験者(領域別・地域別等)を確保できる
  • 人員制限がある会社の場合、営業職を確保する意味で利便性が高い
  • 新薬発売など単発的なニーズにスピード重視で対応してもらえる
  • 外部委託のため、雇用管理がしやすい

コントラクトMR側のメリット:

  • 2〜3年の雇用契約で自分のライフイベントに合わせやすい(特に女性の場合)
  • 他のメーカーの現場で働くため、より他社への視野を深められる
  • キャリア形成のスピードがメーカーにいるよりも早い傾向がある(管理職を目指す場合はフィールドマネージャー、プロジェクトマネージャー等)
  • 異動がない地域限定MR職で勤務可能
  • 比較的年齢が高いMRも経験重視で仕事も得やすい

CSOのその先は?

1つのプロジェクトで良い成績を収めたMRは、契約終了後に直接雇用という可能性があります。プロジェクトを通じて、オンコロジー領域等、医薬品業界でも特に熱い視線を集めている専門領域で経験を積む事ができれば、その後の選択肢が広まります。未経験のMRも成績次第によっては正社員として働ける可能性もあります。

CSO選びのポイント

コントラクトMRとして働きたいという事になった時、どのCSOを選ぶかを見極める必要があります。CSOは規模の大小に関わらず、どんなプロジェクト案件を揃えているかに着目しましょう。希望条件に合った案件が多く揃っているCSOを選んで登録すれば、やりたい仕事に巡り会う確率が高まります。CSOが行っている研修制度にも着目し、どんなキャリアアップが期待できるのかを調べておきましょう。CSOでの就労が初めての方で不安を覚える場合は、リクルーターに相談してCSO業界の最新事情について情報を得て、自分の状況を分析してもらうのも良いかも知れません。


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

JobChange
好評により無料配布中!

medimove ホワイトペーパー
『 2016年 医薬品業界動向予測:国内編 』
〜 激動の医薬品業界で生き残るための必読書 〜


国内医薬品業界の2015年ハイライトと、
2016年の市場動向予測をホワイトペーパーにまとめました。
downloadNowButton