CSOの最新動向: 医薬品業界に仕掛ける新たな挑戦とは?

CSOの最新動向 : 医薬品業界に仕掛ける新たな挑戦とは?

CSOの最新動向: 医薬品業界に仕掛ける新たな挑戦とは?

~サービスを多様化させて発展を~

以前のブログ「MRの最新トレンド: CSOという働き方」でも紹介させていただきましたが、現在CSOは医薬品業界の中で大きな役割を果たしています。

大手医薬品メーカーだけでなく、中堅企業、ジェネリック企業でも年々導入する企業が増えているため、今後も市場の拡大が見込まれます。

今回のブログでは、CSO市場の最新情報をお伝えします。

 

CSOの市場動向

2015年にCSOを活用する企業は、前年と比べて8社増加し、92社と過去最高を更新しました。

しかし、2015年10月時点のコントラクトMR数は3,835人と、昨年の4,148人に比べ7.5%の減少を示しました。国内全MR数に占める割合は5.9%で、前年比 0.4%減とわずかながら減少しています。

これは、MR数が全体的に減少傾向を示しており、連動してコントラクトMRの数も減少したこと、また2014年が糖尿病治療薬のSGLT2阻害剤やC型肝炎治療剤などが上市され、コントラクトMRの数が突発的に増加したことから、2015年の減少は企業側の一時的な調整であることなどが原因として挙げられます。

また、CSOがMR未経験者の採用を控えたことも原因の1つに挙げられていますが、より即戦力の高い、質の高いMRが求められている状況が伺えます。

 

募集されるコントラクトMRの変化

より即戦力の高いコントラクトMRが求められている証拠として、ここ半年間でCSO側からの募集条件に変化が見受けられます。

特に年齢面での制限が以前より緩和されており、募集されている領域でこれまでスペシャリストとして活躍してきたMRや、経験豊富なMRは、年齢に関わらず積極的に採用される傾向にあります。

2016年は特にメーカーからCSOに転職されるMRの方が多く、medimoveで幅広くキャリアプランをサポートさせていただきました。

 

今後のCSO業界の展開

多様化する医薬品業界への価値提供を考えたCSO各社が、今後の戦略の一環として、以下のようなサービスを考案しています。

  • MRとコールセンターを融合して、多様化するプロモーションチャネルに対応するサービス
  • ITを利用して訪問以外の方法で情報提供を行うサービス
  • メディカル・アフェアーズ(製薬会社における新薬の開発から市販後のマーケティングまでをトータルコーディネートする部門)に対するコンサルティングサービスの展開

 

従来型のMRとしての仕事だけではなく、求められる事業の展開を進めるCSOは、今後も拡大が見込まれる市場です。

2015年の市場規模は、2015年の年末時点で約690億円と見込まれていましたが、2020年の市場規模は1,080億円に及ぶものと予測されています。

 

まとめ

このようにCSOを活用する企業が増加しており、今後CSOが最新のプロジェクトに携わる機会はますます増えていくでしょう。

またメーカー側からCSOに求めるニーズの変化に伴い、新たなチャレンジの機会が多く存在します。

CSOもキャリアアップの選択肢の一つとして考慮し、今後選択できる道を増やしておきましょう。


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

JobChange
好評により無料配布中!

medimove ホワイトペーパー
『 2016年 医薬品業界動向予測:国内編 』
〜 激動の医薬品業界で生き残るための必読書 〜


国内医薬品業界の2015年ハイライトと、
2016年の市場動向予測をホワイトペーパーにまとめました。
downloadNowButton