医薬品業界の現状と将来性:その1

医薬品業界の現状と将来性:その1

医薬品業界の現状と将来性:その1

〜進化し続けるMRとは?〜

前回配信した記事「業界再編のハリケーンが吹き荒れる!」で詳しく述べましたが、大型医薬品の特許切れ、薬価引き下げの脅威、医療費抑制の圧力を跳ね返すべく、医薬品業界の再編成が世界的に加速しています。特に2014年において、世界最大手のノバルティスがGSKと事業交換・統合を行った事は特筆すべき出来事でした。

2014年はまた、日系企業の海外M&Aに勢いが増した一年でもありました。国際競争力も資本力も弱い日系企業は、グローバル企業の動きと比べて大きく遅れを取っていましたが、政府による薬価改定や長期収載品のジェネリック薬シフトへの推進等により国内での成長率が鈍化する中、この再編の波がより必然的に国内事業の効率化を進めると共に、海外での動きを高める要因となりました。今後もグローバル展開を進めている医薬品企業は、この動きを更にヒートアップさせる事が予測されます。

では、個々のMRはこの嵐の中をどうやって乗り切るべきでしょうか。

ダーウィンの進化論は「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」と明言していますが、この言葉はMRにもそのまま当てはまるのではないでしょうか。

業界の再編で、あなたの職場にも大なり小なりの変化が起こっているものと思います。こうした変化を恐れずに、むしろチャンスに変えて取り組む力を持ったMRが生き残れます。これは、その場しのぎにただ臨機応変に対応する事ではなく、企業の方向性を理解し、場合によっては自身のこだわりも捨て、組織優先で現状の働き方として最適な営業活動を実施する事です。そのためには、企業側が求める新しい組織体制への適応能力がないMRは生き残れません。

過酷な環境、相手からの厳しい言葉にも動じずモチベーションを維持し続けられるストレス耐性。好奇心を持って物事を掘り下げ、知識を深める探求力。他者を論理的な説明で納得させる説得力。そのMRが持つ人間力そのものが、人の心を動かす原動力であり、企業が求めるこれからのMR像に大きく関わってきます。

medimoveは、これまでの転職成功事例を通じて、優秀なMRに共通する3つのビジネスマインドを見出しました。これらの資質は、環境の変化に適応する力を身につける上でも不可欠なものだと思いますので、次回の投稿で詳しく紹介したいと思います。


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

JobChange
好評により無料配布中!

medimove ホワイトペーパー
『 2016年 医薬品業界動向予測:国内編 』
〜 激動の医薬品業界で生き残るための必読書 〜


国内医薬品業界の2015年ハイライトと、
2016年の市場動向予測をホワイトペーパーにまとめました。
downloadNowButton