リファラル採用の意外な落とし穴

リファラル採用の意外な落とし穴

リファラル採用の意外な落とし穴

~安パイに乗っかろうとしていませんか?~

Google やFacebook などの外資系企業で活発な「リファラル採用」は、社員紹介による採用手法ですが、ここ最近日本でも、中途採用や新卒採用で取り入れられつつあります。

この採用手法は、他の応募者との競合が少なく、一見採用されやすそうに見えますが、実は意外な落とし穴があります。

今回のブログで改めて確認してみましょう。

 

「リファラル採用」とは?

自社の社員や、元社員の人脈の中から、自社に適応性が高そうな人や、能力を発揮できそうな人を紹介してもらい、選考していく採用方法です。

新卒採用でも取り入れている企業が多く、企業からすると、従来の一般的な採用方法(自社に興味を持った学生がエントリーシートを送付し、その膨大な母集団から選考を進めていく方法)と比べて、コストと時間を削減できるというメリットがあります。

 

「リファラル採用」の広まり

最初に米国で注目され始めた「リファラル採用」は、会社の成長にふさわしく、即戦力になる社員を採用しやすいこともあり、一気に広まりを見せました。

現場を知っている社員だからこそ、同じ興味や価値観を持つ知人がいる可能性が高く、大量の母集団から自社に合う社員を見つけるよりも、すでにスクリーニングされているため、マッチング度合が高いと言われています。

その結果、米国の人材サービス企業CareerXroads社の調査によると、2015年には米国の大手71社中、採用者の22%が該当しました。

日本の外資系企業や大手メーカーの中途採用でも、導入が始まっており、これまでの自社とは異なるタイプの人材に出会えるなど、メリットを感じ始めています。

 

この落とし穴とは?

一見良さそうに見える「リファラル採用」ですが、応募者の立場からすると、思わぬ落とし穴があるのです。

 

これまでお会いしたMRから聞いた話では、以下のような事例がありました。

  • リファラル採用に応募したものの、採用担当者と直接のやりとりとなるため、給与や勤務地などの条件の交渉がしにくい。
  • 紹介者の顔を立てないといけない部分もあり、想定していなかった条件でオファーをもらった時に断りにくい。
  • リファラル制度は、社員を紹介して採用が決まった場合に紹介者に報奨金が出るため、報奨金目当てで手当り次第紹介する人もいて、本当に自分のキャリアなどを考えて紹介してくれているわけではないことがあった。
  • 在籍企業の退職交渉の際、最終出勤日や退職日、ボーナスの支払いなど、不利な条件を飲むこととなり、転職エージェントに退職プロセスを相談していればもっとスムーズに進められたことが後からわかった。

 

などの声があります。

そういった部分が転職エージェントとしてお役に立てる部分であり、企業とのパイプを活かして給与交渉したり、MRの皆さんの数年先のキャリアまで考えてポジションを提案させて頂いています。

 

まとめ

日本でも広まりつつある「リファラル採用」ですが、メリット、デメリットはしっかりと押さえた上で活用する必要があります。

転職は、将来に大きくかかわるイベントですし、時間も労力もエネルギーも必要なため、しっかりと吟味して、必要な情報は入手して進めていくようにしましょう。

 

関連記事

なぜ今転職がこれほど熱いのか? 」 ~実は自社にとどまることがリスク?!~

早期退職は誰の実力不足が原因?会社?それともMR? 」 ~なるべくしてことは起こっている~

MR転職に有利なリアル裏話 」 ~普段聞けない疑問をここでこっそり解決!~

 


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

JobChange
好評により無料配布中!

medimove ホワイトペーパー
『 2016年 医薬品業界動向予測:国内編 』
〜 激動の医薬品業界で生き残るための必読書 〜


国内医薬品業界の2015年ハイライトと、
2016年の市場動向予測をホワイトペーパーにまとめました。
downloadNowButton