MRというやりがいのある営業職の魅力

MRというやりがいのある営業職の魅力

MRというやりがいのある営業職の魅力

〜医療の未来を支える担い手として〜

MRが日々接する医療関係者の背後には、病気と闘う多くの患者さんがいます。MRが医薬品を提供して医師の治療方針をサポートする事で、実際に患者さんの命を救う事や病気から回復させる事が出来た時、また医師から直接感謝の言葉を貰った時、それはMRにとって、自分の仕事へのやりがいを心から実感できる瞬間ではないでしょうか。

今回のブログでは、MR職がどんなに素晴らしく魅力的な仕事であるかを、3つのポイントから再認識したいと思います。

MR職の魅力1:高度な専門職である

MRは、人の命や健康に関わる医薬品という製品を扱う職業柄、高度な専門知識と緻密な情報収集能力が要求されます。

医師への提案を行う上で、製品知識だけでなく医薬品や医療全般の最新事情についても熟知しておく必要があります。そのため、プライマリケア、スペシャルティケアの違いに関わらず、優秀なMRは常に学習し続けています。医師とのやり取りを通して自分が更にレベルアップする事に、やりがいを感じるMRも多いと思います。

MR職の魅力2:医師と患者の双方から感謝される仕事である

MRの仕事は、信頼関係に始まり、信頼関係に終わると言っても過言ではありません。病院を頻繁に訪れ、医師本人や周囲のスタッフから、医師の抱えるニーズ、治療における課題、場合によってはより個人的な情報である趣味や家族構成まで詳細に調べ上げ、医師との会話を増やすキッカケを探ります。限られた面談時間の中でも密度の高いコミュニケーションを行い、些細なサインも見逃さずに提案への糸口を掴み、治療に役立つ提案によって自社製品の情報や症例を提供してアピールします。忍耐力、きめ細かい配慮、コミュニケーション術や提案力が試される現場です。

自社製品が採用されて現場での有効性が確認された時、MRのこれまでの努力が報われます。MRにとって一番嬉しい事は、自身が担当しているエリアの売上が上がる事はもちろんですが、それ以上に、患者さんの完全回復、症状の改善、そして治療方法を見出す事ができた医師からの「ありがとう。とても助かったよ。」というその一言です。

MR職の魅力3:社会貢献度が高い仕事である

研究者が心血を注いで開発した新薬で患者さんが救われる。例えばC型肝炎領域の治療では、これまで症状を抑えるのみに留まっていたのが、病気そのものを完治させる効果を持った新薬が出始めています。そうした新薬が世の中に浸透すれば、その病気が社会から無くなる事も夢ではありません。その担い手という点だけでも、MR職は社会貢献度の高い仕事です。

あるMRは、循環器専門医から「透析の患者さんの数を減らしたい」というニーズを聞きました。透析治療は患者さんの身体的負担も大きく治療費も高額であるため、MRは医師の考えに賛同して啓発活動をサポートしました。医療関係者向けの講演会、市民公開講座の開催や担当エリアの医療機関への働きかけを行い、地域医療に貢献する事ができました。

あなたがMRとしてこれまで行って来た営業活動は、確実に医師や患者さん、そして医療そのものに少なからず寄与しているはずです。このようなやりがいのある営業職だからこそ、医薬品業界の最前線に立って業界の発展に貢献できているのだとmedimoveは考え、これからもMRの皆様を応援し続けていきます。


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

Booklet_skillup_clear_background
大好評につき無料配信中!

medimove Booklet
『できるMRは実践している! 勝ち続けるためのMR仕事術 10カ条』
〜激動の時代で勝ち続けるために〜

downloadNowButton