次世代リーダーが戦うために必要な4つの資質

次世代リーダーが戦うために必要な4つの資質

次世代リーダーが戦うために必要な4つの資質

~キャリアアップを狙うMR必見!リーダーシップの本質をお伝えします~

求められるリーダーシップは、時代と共に変化しています。

終身雇用が主流だった頃は、有能なカリスマ的リーダーが組織を引っ張る風潮があり、社員はこうしたリーダーに従いながら、年齢が上がると共に昇給・昇進の機会が与えられることが当たり前でした。

しかし今、環境の劇的な変化に伴い、「自分で考え、工夫し、行動する」社員が求められています。それに伴い、必要とされるリーダーシップの特質も大きく変貌しています。

医薬品業界でも、業界再編の加速化と共に営業活動の仕方も大きく変化しました。「MRは専門知識と売上を上げるスキルさえあれば大丈夫」という考え方は要注意です。年齢が上がると共に(特に30代半ばを過ぎると)、イニシアティブを取る力や、人をまとめる力などが求められるのは当然の流れです。

では、今後のキャリアアップに向けて、どのようなリーダーシップを身に着けておくべきかを見てみましょう。

次世代リーダーに求められる4つの資質 

  1. 一貫性を常に持ち続けている

リーダーの目指す方向性にブレがあると、周囲が混乱してしまいます。常に本質的な目的を遂行し続ける信念のようなものが必要です。自らの指針や目指す方向性をメンバーに言葉で伝えるだけでなく、自分の振る舞いや行動を通しても周りに伝播していけるのが、優れたリーダーです。

  1. 育成能力があり気付きを与えられる

リーダーは、個々の気質を客観的に捉えて、相手が聞く耳を持つタイミングを見計らい、必要なアドバイスを行う能力が求められます。相手が心を開くコミュニケーションの取り方が大切です。時にはあえて厳しい言葉を用いなければならない場面もあります。その際、感情任せの一方的な接し方では逆効果になり得るので、冷静さを保ちつつ、相手に気づきを与えるようなアプローチを心がけましょう。

  1. モチベーションアップでメンバーの能力を活かす

個人の価値観が多様化している現代では、モチベーションもそれぞれ異なります。チームの各メンバーとコミュニケーションを密にし、何をモチベーションとしているのか把握しておく必要があります。特に離職率の高いMR職では、モチベーションは売上に比例します。リーダーの役割として、各メンバーが働きやすい職場環境を提供したり、時には本人も気付いていない長所を伝えたり、その長所が生かされる仕事を任せることが重要です。

  1. 先見力があり自ら判断できる

リーダーは常に情報収集を行い、その中から必要な情報を見抜き、今後の動向を判断する先見力が求められます。例えば、担当エリアの競合の動きを把握し、市場シェア獲得のための戦略を策定する際は、この能力が非常に有用です。

いつまでも他人の判断に頼りっぱなしでは、今後管理職などの重要なポジションを担っていくのも困難でしょう。自分の判断力を養う第一歩として、自分のリーダーがなぜそのように判断したのか、背景や理由も含めて確認し、理解しながら、自分の引き出しを増やしましょう。こうした努力が、将来、的確な判断を行うリーダーとなるための布石となります。

MRとしての次のステップを考える場合、どんな分野に進んだとしてもリーダーシップは今後重要な資質となっていくはずです。今から明確な目的意識を持って、リーダーシップを身に付けていきましょう。


medimoveは、MR専門の転職エージェントです。無料コンサルティングをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

無料相談-大

 

Booklet_skillup_clear_background
大好評につき無料配信中!

medimove Booklet
『できるMRは実践している! 勝ち続けるためのMR仕事術 10カ条』
〜激動の時代で勝ち続けるために〜

downloadNowButton