事例3 矢崎さん(仮名・30代前半・男性)

posted in: 事例 | 0
事例3:
「多忙を“転職しない”言い訳にしてはいけない」という矢崎さん(仮名・30代前半・男性)

career_change_img002

それまで勤務していた国内製薬会社のM社ではここ数年、キャリアアップの機会に恵まれずにいました。このままではいけないという思いはありましたが、営業活動や社内業務をこなすことで手一杯で、将来について落ち着いて考える余裕はありませんでした。

今回、本格的に転職活動をしようと思い立った時も、たまたま繁忙期で、全社会議や講演会などの行事が重なっていました。転職活動に割く時間など捻出できるだろうか? という心配もあったものの、思い立ったが吉日ということで、同時並行で進めてみることにしました。

繁忙期の前半に、いくつかの人材紹介会社にコンタクトを取り、話を聞いてもらいました。しかし、手持ちの求人はどこも大体同じ内容で、その案件を何とか売り込もうとする、押しが強い印象を受けました。

その中でも、medimove は情報量の多さと詳細さで群を抜いていました。コンサルタントからも、私の希望をしっかりと聞き取り、キャリアを真剣に理解しようとしている姿勢が感じられました。「ここなら信頼できる」と思い、今回の転職活動をすべてmedimoveに委任することにしました。

medimoveの担当コンサルタントに一任して良かったのは、新規案件、既存案件、選考状況など、一つの窓口で取りまとめることができた点です。このため、忙しい時期にも関わらず、大変スムーズに事を進めることができました。別々に担当者を立てていたらとても首が回らなかったと思います。medimoveの手厚い対応もあり、外資系V社への転職を果たしました。

これから転職活動を進める方々のために、私から一つアドバイスさせていただくとすれば、「多忙を理由に転職をあきらめてはいけない」ということでしょう。むしろ、忙しい時でも、信頼して任せられるコンサルタントとのネットワークを作っておけば、限られた時間の中でも、次への足がかりが得られると思います。