ジェネリック(後発品)メーカーのMRとは

【ジェネリック(後発品)とは】

・今回は、ジェネリック(後発品)メーカーのMRについて、ご紹介させて頂きます。その前に、後発品について、ご紹介します。後発品とは、「ジェネリック(医薬品)」とも呼ばれ、テレビのCM等でも、各社、有名芸能人等を起用した後発品企業のCMが良く流れていますね。最近では、だいぶ「ジェネリック」という言葉も普及して来たのではないでしょうか。

 

後発品(ジェネリック)とは、先発品と比べ、薬価の安い医薬品であり、主成分は先発品と同等の医薬品を含有している医薬品のことです。ただし、主成分は、先発品と同等の成分が入っていますが、添加物は異なることも多いため、先発品と後発品は全く同等の医薬品である、という解釈は必ずしも正しくありません。また、勘違いされやすい点として、すべての(先発)医薬品には、後発品が存在する、と思われがちですが、後発品が存在していない医薬品も多く存在します。では、なぜ後発品が存在する医薬品と存在しない医薬品があるのでしょうか。

 

理由は2つあります。まず1つ目は、先発医薬品、いわゆる新薬には、医薬品の特許が存在します。したがって、その(先発)医薬品の特許が切れるまでは、後発品は発売できないようになっています。そのため、特許期間が存在している(先発)医薬品、いわゆる「新薬」には、後発品が存在していないことになります。もちろん、その(先発)医薬品の特許が切れた場合、後発品が発売されることもあります。

 

また、2つ目の理由として、後発品を発売しても、売上や利益が確保できないと判断される先発医薬品には後発品が存在しないこともあります。つまり、あまり売上が上がっていない先発医薬品の後発医薬品を発売しても、売上が上がることは考えにくく、そのような医薬品は後発品が発売しないことも多いのです。したがって、(先発)医薬品には、後発品が発売している医薬品と発売していない医薬品があるのです。

 

【ジェネリックメーカーMRの仕事内容とは】
・ジェネリック(後発品)メーカーのMRの仕事内容は、先発品メーカーMRの仕事内容とは大きく異なります。同じMR職ですが、活動内容は異なるのです。では、どのような違いがあるのでしょうか。まず、先発品メーカーMRの主な顧客は医師ですが、ジェネリックメーカーMRの主な顧客は、薬剤師です。もちろん、先発品メーカーMRもジェネリックメーカーMRも、医師や薬剤師の両方に面会しますが、どちらが主な顧客になるか、が異なるのです。

 

先発品メーカーMRは、新薬を処方元である医師に直接アプローチし、新薬普及活動を行いますが、ジェネリックメーカーMRは、医師よりも薬剤師にフォーカスを当てて活動しています。その理由は、後発医薬品については、すでに先発品で使用経験のある医師が多く、先発品と後発品の主な違いは、剤型の違いや添加物の違い等、薬剤の細かな製剤的特性を訴求することが多いため、必然的に医師よりも薬剤師中心の活動となります。

 

そのため、ジェネリックメーカーMRが中心に訪問する施設は、病院の薬剤部や調剤薬局が中心です。また、薬剤師に訴求する内容としては、薬剤の効果を訴求することももちろんありますが、効果よりも薬剤の製剤的特性や価格の訴求が活動の中心となります。先発品メーカーMRはどちらかというと、新薬を中心に扱うため、薬剤の効果の訴求が主なMR活動になります。このように、同じMR職であっても、活動内容は先発品メーカーMRと後発品メーカーMRでは大きく異なるのです。

 

【ジェネリックメーカーMRの年収について】
・ジェネリックメーカーMRの年収はどのくらいでしょうか。先発品メーカーMRと差はあるのでしょうか。結論から言いますと、先発品メーカーMRの年収と比べ、ジェネリックメーカーMRの年収は劣る傾向があります。

 

その理由は、先発品メーカーは、莫大なコストをかけ新薬を開発するため、医薬品の薬価も高く、利益率も高いですが、後発品メーカーの場合、後発品を開発するコストは低いのですが、その分、薬価も安く、利益率も低いため、どうしても、会社としての利益も限られ、年収も先発品メーカーと比べ、劣る傾向はあります。

 

といっても、後発品企業の平均年収は、600~650万ほどあり、また、年々、後発品の普及に伴い、売上も利益も上がっています。したがって、ここ数年、後発品企業は、年収も上昇傾向ですので、ジェネリックが普及している間は、ジェネリックメーカーMRは狙い目かもしれません。もちろん、ジェネリックメーカーMRの仕事内容に興味があれば、という前提ですが。