オンコロジー治療の今後について

【昔は抗がん剤と言えばケモ(化学療法治療薬)だった】

「抗がん剤」という言葉を聞いて、思い浮かべることの1つに、副作用が強いイメージがあるのではないでしょうか。実際、多くの抗がん剤では重篤な副作用が問題となるケースも多いです。脱毛、吐き気、骨髄抑制(血小板減少、好中球減少等)等の副作用は代表的な抗がん剤の副作用として、有名です。これらの副作用が問題となる抗がん剤は、化学療法治療薬(通称:ケモ)という種類の抗がん剤が多いです。ケモと呼ばれている化学療法治療薬(パクリタキセル、シスプラチン等)では、上記のような副作用が出るケースが多く、この化学療法治療薬という種類の抗がん剤は、体内のDNA合成等の細胞周期に働きかけ、細胞の増殖を抑える働きがあります。癌細胞の増殖のみ抑えられることができれば良いのですが、有害な癌細胞の増殖を抑えるだけでなく、正常な細胞の増殖までも抑制してしまい、その結果として、重篤な副作用が発現するケースが多くあります。脱毛は細胞増殖を抑制してしまう結果、起こる副作用です。そのため、化学療法治療薬を用いた抗がん剤治療には、副作用が常に問題となって来ました。そこで、登場したのが、癌細胞を狙い打ちしし、できる限り他の細胞に影響を及ぼさない「分子標的薬」です。

 

【ここ数年は、分子標的薬の登場により生存率が伸びた】

ここ数年は、分子標的薬の登場により、大きく生存率が伸び、副作用も比較的ですが、少なくなりました。しかし、副作用が少なくなったとは言え、依然として、分子標的薬であっても重篤な副作用は問題視されていました。分子標的薬は、がん細胞に狙い撃ちをし、がん細胞に特異的に働きかけるよう創薬された薬でしたが、実際には、そこまで上手くいかず、化学療法治療薬よりは少なかったものの、重篤な副作用発現が免れない分子標的薬も多くありました。そのような中で、生存率が大幅に延長された分子標的薬も存在しています。有名な分子標的薬には、イマニチブ(商品名:グリベック)があります。イマチニブは、慢性骨髄性白血病治療薬ですが、このイマニチブが登場するまで、慢性骨髄性白血病の有効な治療薬は少なく、効果も限られた効果しかない薬剤がほとんどでした。イマニチブの登場により、大幅に生存率が改善し、今では慢性骨髄性白血病治療に欠かせない薬剤となっています。多くの分子標的薬の登場により、生存率が大幅に伸びたという医学的進歩はあるものの、副作用をできるだけ少なくする、という点に関しては、依然として課題が残っています。

 

【今後のオンコロジー治療について】

現在、話題となっている抗がん剤治療は、ニボルマブ(商品名:オブジーボ)やペムブロリズマブ(商品名:キイトルーダ)といった免疫チェックポイント阻害薬を使用した、抗がん剤治療です。免疫チェックポイント阻害薬は、「抗がん剤」というカテゴリーというよりも、免疫治療の一環として、位置づけされることもあり、厳密には、抗がん剤の一種にはならないかもしれませんが、抗がん剤治療の一種として注目を集めています。医療業界で注目を集めているのは、この免疫チェックポイント阻害薬が、以前話題になった他剤に比べて薬価がとても高いという理由だけでなく、これまでと類を見ない新規作用機序の抗がん剤であり、今までの抗がん剤治療よりも、良い結果のエビデンスが出始めているからです。実際、既存の抗がん剤治療(分子標的薬)と比べて、生存率の改善や無増悪生存期間の延長等のエビデンスが出始めています。既存の抗がん剤(分子標的薬)より治療効果の向上が期待できれば、そちらを使用していくのは当然の流れです。ただし、この免疫チェックポイント阻害薬は、既存の抗がん剤と作用機序の違う薬剤ですから、今までの抗がん剤では見られなかったように副作用が発現しています。そのため、免疫チェックポイント阻害薬を使用する場合は、既存の抗がん剤治療の副作用マネジメントだけでなく、免疫チェックポイント阻害薬に合った副作用マネジメントが必要であり、その点は今後も懸念が続くでしょう。では、今後の抗がん剤治療は、化学療法治療薬や分子標的治療薬よりも、免疫チェックポイント阻害薬が中心になっていくのでしょうか。結論はまだ出ていませんが、1stラインの治療成績では、がん腫にもよりますが、分子標的薬よりも生存率や無増悪生存期間が有意に延長できた、という結果も報告されています。したがって、今後のエビデンス次第ではありますが、今後免疫チェックポイント阻害薬の研究開発が進むにつれ、免疫チェックポイント阻害薬は、既存の抗がん剤治療に置き変わる、大きな可能性に秘めています。今後、オンコロジーMRを目指す場合、免疫チェックポイント阻害薬を扱うことができる製薬会社に注目ですね。